&ookuma note

”好きなことを仕事に”を実践しています。食器屋/日本一食器情報をつぶやく男/不動産投資/ダイエット報告/ZOZOSUIT活用/週休4日をかなえるには...etc 30歳からはじめる人生を楽しみつくすためのブログ

&ookumanote

日本人特有!?不動産投資成功には勉強が必須だと勘違いしている件

 

f:id:zaccamocca:20180607205601p:plain

どうも!

大隈 圭将(@0o_kuma)です!

 
勤勉な日本人、なんてよく言われますよね

最近だとそれ美徳なのか?という意見もありますが、僕はとてもいいことだと思います

 

海外の方と連絡を取ると、アジア圏でも時間の感覚も仕事への責任感のギャップに驚かされた経験があります

 

普段はやっぱり日本人で良かったなー!と思って仕方がないのですが、こと不動産投資を通じて豊かになる、成功するという点においては後退国だと悲観してしまいます

 

僕はロバート・キヨサキを知ってから不動産投資を始めたクチですが、日系人であり、成功者である彼の本は胸踊るものがあります

 

『自分でもこうなれるのではないか?』

 

しかし、実際は彼の本を読んでも不動産投資で成功できる人はとても少ないです。それはなぜか?

 

『成功』するための条件が『勉強』であると信じているからです

 

これはもう宗教に近いです『勤勉教徒大国日本』と言っていいと思います

今回はそんな勉強好きの日本人が不動産投資で成功できない理由と、ほんとうにやるべきことは何かを書いていきます

 

 

\ あなたの悩みが解決するかも /

低属性でもできる不動産投資 

 

 

1. 『勉強』はスタートラインに立つためのもの


日本はもともと職人大国なので、誰かに弟子入りし、勉強するのが当たり前の文化です

 

それはとてもいいことです

先人から学ぶのとはどの分野でも大事なことですし、成功者になるよりパイオニア(先駆者)になるほうが難しいですから

 

むしろ問題なのは勉強して卒業した瞬間にプロ(達人)になっているのだと勘違いさせられていること

 

免許皆伝とは皆伝(みな、つたえた)と書きます。つまり、その技能のすべてを伝えたという状態で、そこから技能を使う経験を積んでいくことが前提になっています

不動産投資でもそこは同じです

 

スクールに入ろうが、教材を買って勉強しようが、それは物件を買ったり、運営するスタート地点に立つためのもので、卒業した時点で成功者になれるものではありません

 

2. 必要なのは『勉強』より『学ぶ』こと

 

では、不動産投資で成功するにはどうしたらいいのか

 

極端なことをいえば、不動産投資は買った物件から毎月いくら自分のポケットにお金を運んできてくれるかを追求するものです

 

利回りや返済率など、難しいことを持ち出すので『これは事前の勉強が必要だ!』となるのですが、実際に必要なのは空室を埋めること、これだけのはず

 

すぐに埋まればこれが正解だったと『学ぶ』ことができます
埋まらなければこれは有効な手じゃないと『学ぶ』ことができます

 

まず買って、経験しないことには自分の知識が正解なのかどうかも判断できません
そして、正解の『学び』が積み重なることで初めて『成功者』になれるんです

必要なのは事前の『勉強』より、結果どうなったかという『学び』ということです

 

ちなみに、儲かっている大家さんというのはすべてにおいて決断が早いです

多くのパターンを経験して『学び』を蓄えているので買い付けも空室対策も一瞬で答えを出してしまいます

 

人は、決断力があり、スピード感がある人を心理的に格上に感じ信頼します

そうした大家さんとおつきあいする管理会社さんはモチベーションも高く優秀です

 

一方、「検討して返事します・・・」「セミナーに出てから考えます」なんていう勤勉大家さんは何をするにも返事まで時間もかかる

もし、そんな大家さんがあなたの取引相手だったら・・・?

 

f:id:zaccamocca:20180607211900p:plain

 

3. そうは言っても失敗が怖い

 

そもそも、投資というのは絶対儲かるということがありませんから、怖いならやらなければいいんですよ

 

とはいえ、生活の安定や老後を考えるとなにかやりたい!というのはとてもよくわかります

 

中でも不動産投資は人生最大級の挑戦になるわけですから、失敗が怖いの当然ですよね

 

4. 素人が不動産投資をするなら小さく儲けてリスクを下げるしかない

 

素人でも失敗する確率を下げる方法を探すしかありません
条件としては

  • 融資が下りる
  • 毎月キャッシュフローが入る
  • 突然の修理・修繕にも対応できる
  • 空室保証がある

この条件を満たそうとすると、大儲けはできません
ですが、素人でも堅実に不動産屋投資を始めることができます

 

\ 詳しくはコチラ /

低属性でもできる不動産投資

 


まずは3年、初心者が不動産投資しながら『学ぶ』ことに集中できる数少ない方法です

 

5. 専門的に学ぶ方法(オススメしません)

 

不動産投資について『学び』たいのであれば環境を変えることです

 

たとえば、不動産業に転職するのがいちばん早いですよね
いい物件もいちはやく知ることができますし

 

もしくは、リフォーム会社もいいです
新築物件で利益が出るのはトップオブトップの富豪だけです
普通は中古物件を買うわけですから、リフォーム会社を通じて管理会社やオーナーから得られる知識は多いはず

 

オススメはしませんけどね
なにせ、銀行から融資してもらうための属性をリセットするわけですから
たとえ中小企業でも勤続5年以上は強いです
それをわざわざリセットするメリットはどれほどあるでしょうか

 

6. 勤勉中毒にならないためには

f:id:zaccamocca:20180607213142p:plain

 

勉強することは悪いことじゃありません

 

ただ、勉強のしすぎは多くの人が情報過多になって『幻の好物件』を見つけるまで始めないまま時がすぎるか、わかった気になって地方の高利回り地雷物件をつかまされることになります

 

そうならないためには目標をはっきりさせましょう

 

初心者のためのナンバー(10)

  • 10年後自分でも住みたい地域の物件
  • 10年以上住んでいる地域の物件
  • 毎月10円でも黒字になる物件

 

一番のおすすめは3番目です
ほかの2つは主観が入りすぎて失敗する可能性も含んでいますからね

 

3番目は3年も続ければ融資付の好材料にもなります
退去、修理・修繕などの急な出費にも耐えて毎月10円でも黒字ならそれだけで銀行の評価は高くなります

 

こんな風に利回りやキャッシュフローとは違う、小さなところに目標を置くことで行動を継続することができ、勤勉中毒にもならず『学び』を貯金することができます

 

まとめ ー 『学び』を貯金しよう

 

本やセミナーによる勉強よりも、経験を積み重ねる『学び』が重要なことがわかっていただけたと思います

 

いくら本を読み漁ってもあなたの投資の成功率が100%になるようなことはありません

必要なのは対処したときの『学び』の貯金と、小さく儲けて堅実な運営を続けてステップアップすることです

 

その方法をもっと詳しく知りたい方は下のページからどうぞ!

 

\ 大家さんになりたいならコチラ /

低属性でもできる不動産投資