&ookuma note

”好きなことを仕事に”を実践しています。食器屋/日本一食器情報をつぶやく男/不動産投資/ダイエット報告/ZOZOSUIT活用/週休4日をかなえるには...etc 30歳からはじめる人生を楽しみつくすためのブログ

&ookumanote

サッカー日本代表決勝トーナメント進出は妥当だったのか徹底解説

f:id:zaccamocca:20180629200028p:plain

 

どうも!

大隈 圭将(@0o_kuma)です!

 

2018年ロシアワールドカップ、日本代表が決勝トーナメント進出を決めました!

ところが、このことがツイッターを中心に争いを生んでいます

 

 

 

負けて決勝トーナメントなんて恥ずかしい…子どもたちがどう思うか…という人たちがたくさんいるようです

いっぽう、この結果に理解をしめす意見もたくさん出ていますね

 

 

 


最後は僕ですけど(笑) 

 

決勝トーナメントという晴れ舞台に進出を決めたのは二大会8年ぶり!

待望の結果になぜ賛否が出ているのでしょうか


そして、日本代表の決勝トーナメント進出は妥当だったのかを書いていきたいと思います

www.ookumanote.com

 

 

 

 

不満の声はポーランド戦後半80分頃から

 

対ポーランド戦は混戦をきわめ、相手のセットプレーから一点を失いました

 

引き分け以上で決勝トーナメントが決まる日本代表

後半80分を迎えるまでは追いつけ追い越せで積極的なプレーを見せていました

 

ところが、交代で入った長谷部誠選手がなにやらメンバーに伝えています

『コロンビアが(点を)決めたらしい、無理をせず試合を終わらせよう』
そんな会話があったのでしょう

 

そこからは火が消えたようにパス回しの時間稼ぎがはじまりました

 

残り10分の時間はお互いの利益が一致したのかポーランドもパスを回して時間を使うように

あきらかな時間稼ぎに会場もツイッターも大ブーイングでした

 

そのとき、何が起きたのか

 

(おそらく)長谷部誠選手が伝えた情報は同じ予選を戦うコロンビア×セネガルの試合の状況です

 

日本代表がこのままポーランドに負けたとしても、コロンビアがセネガルに勝てば総合のポイントが有利な日本が決勝トーナメントに進める

 

同じ時間にキックオフしていますから、1−0でコロンビアが勝っている状況は日本が負けてもいいと楽観できる状況ではありませんでした

 

もし、セネガルがギリギリでゴールを決めてしまったら日本の敗退が決まるギリギリの状況です

 

しかし、西野監督をふくめた日本代表チームはコロンビアが勝つと信じ、自分たちは時間を消費するというギャンブルに出たのです

 

<追記>

www.soccer-king.jp

やはり監督から試合をおわらせるような支持が出ていたようですね

「攻めなきゃ!」という声を長谷部選手がおさめたとのこと

 

おいてけほり?ポーランドの気持ちはどうなのか

 

すでに敗退が決まっていたポーランド
しかし、彼らも3連敗で終わるのか、1勝2敗で終わるのかの瀬戸際でした

 

日本代表が4年前に3連敗したあと、あきらかに世間のサッカー人気が下火になりました
ポーランドも自国のサッカー文化発展のためにはすべて負けて帰るわけにはいかなっかったのでしょうね

 

そんななか、後半80分から自分たち有利の1−0の状況なのに日本が攻めてこなくなった
このまま終われば少しだけ前を向いて国に帰れる


まさしくポーランドと日本はWin-Winの状況だったわけですね

 

 

負けて決勝トーナメント進出は妥当だったのか

f:id:zaccamocca:20180629200449j:plain

 

総合の結果を見ると日本は1勝1分1敗
ワールドカップ決勝トーナメント進出のボーダーラインは超えたわけです

 

ここで忘れてはならないのは大会前は日本全体が1勝もできないまま帰ってくる彼らを想像していたこと

 

ふたをあけてみれば大健闘!
8年ぶりに決勝トーナメント進出という1つのノルマをやってのけました

 

試合内容もラフプレーは少なく、相手のミスも手伝って拾えた勝ち点は間違いなく価値のあるものです

 

つまり、日本代表の決勝トーナメント進出は大健闘の大金星だったといえます

 

何が不満なのか“フェアプレー”の是非

 

では、なぜこんなにも『恥ずかしい』だの『負けたほうが良かった』だの言われているのでしょうか

 

ひとつ言葉の違和感からそうした不満が出ているようです

 

というのも、日本とセネガルは1勝1分1敗、ゴールを決めた数も決められた数も一緒でしたが、そこを分けたのが“フェアプレー”制度です

 

セネガルは通算6枚のイエローカードを出されていたいっぽう、日本代表は4枚
つまり、日本代表のほうがクリーンな試合をくりひろげていたということです

 

ワールドカップではそうしたフェアプレーも総合ポイントで加点されます
結果、試合内容はまったく一緒だったにもかかわらず、日本代表が決勝トーナメント進出を決めたということです

 

しかし、この結果を得るためにWin-Winだとしても最後の10分間をすてた日本代表
これはフェアプレーなのか???
フェアプレーで進出を決めたんじゃないのか!?!?


これが、日本代表敗退したほうがよかった派の『恥ずかしい』の理由です

 

<追記>

批判に対しての各選手の反応

原口選手「批判している人は、本当にぎりぎりの戦いをしたことがない人なのではないか

長谷部選手「自分たちが勝ち取った結果として受け止めたい

 

 

あらためて目的は何なのかを思い出してほしい

 

では、日本代表はフェアプレーを重んじて決勝トーナメントを辞退すべきでしょうか?

 

そんなわけありません
あれだけ大きな規模でやっている大会では『勝つこと』がすべてです

 

そして、その勝ちが次の4年までの親善試合や興行収入、サッカー文化の発展につながっていきます

 

本田圭佑選手がデンマークにフリーキックを決めた南アフリカ大会
その後、日本のサッカーは世界にも認められ多くの選手が海外に行けるきっかけになりました

 

逆に、連敗で終わったブラジル大会後は人気も低迷
海外へ移籍する選手は増えましたがステップアップはいまいちな状況になっていました

 

今回、決勝トーナメントに進めたことでビッグクラブに移籍する選手も出てくる可能性があがりました


柴崎選手、昌子選手は確実に声がかかるでしょうし、大迫選手もステップアップが期待されます

<追記>

 攻守に貢献の酒井宏樹を仏メディアと世界中のファンが絶賛!(クリスタルパレスが興味か)

柴崎20億円移籍オファー 乾10億円、本田も5億円でイタリア復帰?(昌子にもスカウトが)

 

ワールドカップはワーッともりあがって楽しむいっぽう、未来につながる大会なんです


ひとつでも多く勝ち進み、未来のサッカー選手たちに『日本は世界で戦える』ということをつないでいくことこそが目的なんです

 

まとめ


僕は今回の決勝トーナメント進出という結果を支持します

 

未来のサッカー文化のため、日本にサッカービジネスを定着させるためにも決勝トーナメントという結果はプラスでしかありません

 

バルセロナのイニエスタ選手
アトレティコ・マドリーのトーレス選手
各クラブのレジェンドが日本にやってきてプレーする時代がきました

 

このながれにのってサッカーを発展させ、『恥ずかしい』『負ければよかった』なんて言っている人たちを黙らせる方法はひとつ!

 

次の決勝トーナメント相手、強豪ベルギーに勝つこと!


そして史上初のベスト8!世界八強!!

がんばれ!ニッポン!!

www.ookumanote.com