&ookuma note

”好きなことを仕事に”を実践しています。食器屋/日本一食器情報をつぶやく男/不動産投資/ダイエット報告/ZOZOSUIT活用/週休4日をかなえるには...etc 30歳からはじめる人生を楽しみつくすためのブログ

&ookumanote

雑貨屋で起業するなら知っておくべき!4つの大事なコト

f:id:zaccamocca:20180218160446p:plain

 

こんにちは!

大隈 圭将(@0o_kuma)です。

 

みなさんは『雑貨屋さん』にどのようなイメージを持っていますか?

 

  • 可愛いものが置いてある
  • 自分もしくは自分の生活を変えてくれるものがある
  • ビンテージ、アンティークな物が置いてある
  • 各国の輸入品が置いてある

 

細かくすると際限なさそうですが、大きく分けるとこんな感じではないでしょうか。

 

僕の場合は雑貨屋さんと言えばヴィレッジバンガードだったんですけど、抱いていたイメージは「行くだけでカッコよくなれる場所」でしたね。

近いのは2番目の『自分もしくは自分の生活を変えてくれるものがある』ですね。

 

僕の学生時代(2010年前後)はインテリアとしてモノトーンが大流行していました。よくモノトーンの市松模様の商品が置いてあり、憧れたものです。

リーマンショックの影響か景気が悪かったのもあるかもしれません。

(景気が悪いとモノトーンが、良い時はカラフルなものが流行ると言われています)

 

 

そんな僕が雑貨屋さんを目指したのは大学3年生のころ、一人暮らしの部屋に間接照明を置きたくていろいろなお店を見て回っていたときですね。

当時はもうモテるためには間接照明だと信じていたんですよ、ホントホント。

 

その時にモノトーンからアジアン、ヨーロピアン、北欧、ヴィンテージなどのお店をみてワクワクが止まりませんでした。

店員さんと触れあえばコレは骨董市で、これは現地のオークションでなどカッコいい言葉が耳をくすぐるばかりだったのを覚えています。

 

そんなときから数えて8年、憧れ続け実際に雑貨屋の問屋業も3年半経験させてもたった僕が解説

 

 雑貨屋さんにはどうやってなるの?

 

雑貨屋さんって誰にでもなれるの?

f:id:zaccamocca:20180218160750p:plain

 

なれます!

 

単純に雑貨屋さんを起業・創業したい場合は役場や仕入れ先と書類上の手続きを行えばいいだけです

雑貨業は飲食や美容師などと違い、特別取得すべき資格も仕入れのハードルもそこまで高くなく、資金さえ目途が立っていれば最低の最低ラインでよければ1週間くらいで始められるのが特徴です。

 

じゃあ、具体的にはどうやってなるものなの? 

f:id:zaccamocca:20180218161116p:plain

 

1つ、僕が学生時代に抱いていた雑貨屋さんへの道のりをご紹介しますと。

雑貨屋さんに就職 ➡︎ 店長になる ➡︎ バイヤー(仕入れ責任者)になる ➡︎ 海外の買付け等を担当 ➡︎ 人脈や経験を活かして開業

実に長い道のりです。

良い悪いは置いておくとして、もし雑貨開業までの地図(ルートつき)があるとすればこうした方法が実績、経験も含めて一番効率的なルートだと思います。

 

僕の場合は学生時代から雑貨屋をやろうと決心していたので

(新卒)家電メーカーに就職 ➡︎ 1年半で退職 ➡︎ 雑貨卸問屋に就職 ➡︎ 3年半で退職 ➡︎ 官庁関係、飲食コンサル等

 

結果、店舗型ではなく好きなことをやりながら続けられるWEB SHOPで、しかも雑貨ではなく食器屋を始めました。

 NIPPON no UTSUWA #nipponnoutsuwa

結果的には食器を販売する道を選びましたが、雑貨屋をやることも可能でした。

むしろ今からでも1週間あれば開業までは持っていけます

 

できれば、時間を作って体験してほしい

と、僕のように王道ルートを通らずとも開業を目指すことはできます。

ただ、やはり経験に勝るものはないので、雇用形態は問いませんから【雑貨】に関わるお仕事を少しでもやっておくといいでしょう。

 

1年半あれば、ある程度の雑貨業界の流れをつかむことができると思います

これから10年20年かかわっていく業界の勉強が早ければ1年半で終わると思えば時間の投資としてはそんなにわるくありません。

 

あえてこれをおすすめするのには理由がありまして。

1つの業界、別業界を経験したことがないと時間の流れ方や考え方にギャップがどうしても生まれてしまいます。

時差ボケは放っておけば体がなれますが、商売は慣れるまでお金も人もまってくれません。

時差ボケ(業界ギャップ)を解消するためにも1年半程度は直前まで勤めておくとスムーズに事業を開始できると思います。

  

実地経験より座学で理論を学びたい 

f:id:zaccamocca:20180218161819p:plain

 

経営をしていくうえで最初はこう考えるかたも非常に多いようです。

もし業界で働く時間を確保できない場合や、座学のほうが大事だ!と思われる方は雑貨屋さんに特化した開業スクールもあると聞き及んでおりますのでそちらをご検討ください。

 

とはいえ、おすすめはしませんけれど

こうしたスクールは評価しづらいところもありますし、卒業生で世間に知れ渡るほどの評価を受けている人を知らないので…。

 

僕はよく”出口”という言葉を使うのですが、雑貨屋さんをやるうえでもどういう雑貨屋さんにしたいのか、なりたいのかのゴール(出口)を設けることが大事だと思います。

 

雑貨屋になることがゴールではそこまでの体力しか使うことができません。

しかし、どのような雑貨屋さんになるか、そのイメージをもっていると開業してやっとスタート地点に立ったのだと進んでいくことができます。

 

これは結果的に資金繰りや経営判断としてもいきてくる考えで、座学で経済学を学ぶこともプラスにはなりますが、本当に必要なのはもっとメンタル的なところだと思っています。

成功されている雑貨屋さんは入った瞬間にどのようなテーマなのかわかるようになっているものです。

 

それは感覚的なもので、経験からの組み立て、そして出口はどこなのかをしっかりと実践した結果できあがった空間なんだと僕は思います。 

 

まとめ

 雑貨屋さんになるにはどうしたらいいのか最後にまとめますと

  1. 創業だけならば書類手続きだけで可能
  2. 開業までの経験などは理想形はあるものの、その人次第
  3. 何かしら雑貨業界にかかわる仕事をして時差ボケ(業界ギャップ)を解消する
  4. 雑貨屋さんとしてどうなりたいのか、”出口”をしっかりと作っておく

特別な資格は必要ありませんし、資金的余裕があれば1週間程度の準備期間でWEB SHOPも開業も可能です。

 

よく、雑貨屋さんはセンスがすべて!と思っているかたがいます。

それはその通りなのですが、その下地には業界の流れ、流行り廃りの勉強が必須になってきます。

 

どのように勉強すればいいのか、センスはどう磨けばいいのかは座学よりは実地での経験のほうがものを言いますので、迷っているならば飛び込んでみるほうがいいかもしれませんよ。

 

他、この記事を読んでの疑問や質問があればお問い合わせフォームや各SNSのDMよりお問い合わせください。

 

可能な限りでお答えさせていただきますよ!

 

あわせて読みたい

☞ 雑貨屋さんて儲かるの? - &ookuma note

 

☞ 【実践】雑貨はどうやって仕入れるの??3つの方法と具体的な手順を大解説!(4,500文字over) - &ookuma note